最初のページ 犬山さくら保育園 赤ちゃんの家さくらんぼ 犬山福祉会 情報開示 今までのお知らせ 関係者のみ 管理

  お知らせ


3月の園だより 犬山さくら保育園  09/03/03(火)00:00  
保育園の散歩道の周りでは、梅の花が咲き誇り、道端にはイヌフグリやホトケノザなどの草花が暖かな日差しに包まれて、春を感じさせてくれます。
さて、今年度もあとわずかになりました。3歳になったくじら組の子ども達の卒園式は3月20日です。一緒に遊んで、おいしい給食をもりもり食べて、布団を並べてお昼寝をして、みんな大きくなりました。このごろは、おしゃべりも達者になり、お友達同士で遊びを組み立てたり、時にはトラブルの仲裁をしあったりしています。

お友達が大好きになるのは、めだか組の小さな赤ちゃん達や、きんぎょ組の子ども達も一緒です。お友達と一緒が楽しい保育園って素敵なところだな、と改めて思います。
これからも、保育園が「みんなが豊かに育ちあえる場所」でいられるよう、守っていかなければいけないなと思います。

鬼を退治したよ 犬山さくら保育園  09/02/05(木)12:12  
今日は、節分豆まきでした。くじら組の子どもたちは、お父さんやお母さん作ってもらったマントをはおり、はちまきをキリリとまき、裏山へ出発。一足先に裏山で鬼に出会ってしまったきんぎょくみやさくらんぼのお友達の「タスケテ〜」の声を聞きつけたくじら組さんがみんなで力を合わせて鬼に豆を投げてくれました。豆を投げながら♪おにはそと〜の歌も元気いっぱいうたった子どもたちに、ついに鬼も降参したのでした。
鬼は、ごめんなさいと謝った後で、一人ひとりと握手をしてメダルを返してくれました。握手をする子どもたちは、ちょっぴりドキドキしながらも、誇らしそうでしたよ。
今日は、朝から「パパとママにいっぱい力をもらった」と言いながら登園してきた子どもたち。そして、鬼を目の前にしながらも、全員がつながって力を合わせて豆を投げる姿を見ていると、なんだかじ〜んとしてしまうのでした。
いっぱい力をくれた、お父さん、お母さんにも感謝です。

2月の給食だより 犬山さくら保育園  09/02/02(月)19:23  
2月3日の節分の日は、給食でイワシを食べます。毎年イワシの頭を取り、開いて焼いていましたが、今年は大きなイワシが入れば、頭をつけたまま子ども達に食べてもらうつもりです。
また、くじら組の子ども達が鬼退治に出かける朝のおやつは、出陣にふさわしいきびだんごを、力が湧いてくるよう願って食べる予定です。くじら組の活躍を応援して下さい。

きびだんごの作り方
1、きな粉、砂糖、塩を混ぜておく。
2、炊いたご飯を熱いうちにつぶして、団子に丸める。
3、丸めた団子に、きな粉をからめてできあがり。
(炊き立てのご飯を使うと早くて便利です。)
おうちでも作ってみて下さいね。

写真は30日(金)の給食です。
ご飯、つみれおでん、黒豆煮、すまし汁。
おやつは、子ども達に大人気のレンコンチップでした。

2月の園だより 犬山さくら保育園  09/02/02(月)19:11  
まもなく、節分の日を迎えます。
今年も、くじら組の子ども達は、裏山散歩で鬼と出会ってしまったようです。一人ではちょっぴり怖い鬼退治も、みんなと一緒なら大丈夫と、♪オニハソト〜フクハウチ〜♪と元気いっぱい歌う声が響いています。
また、お母さんやお父さんからのあったかい応援も、子ども達の励みになっているようです。節分の取り組みを通して、親子で、また子ども同士で、うんとつながることができたように思います。

節分の豆まきが終わると、暦の上では春を迎えます。少しずつお日様の光も暖かくなって、きんぎょ組やめだか組の小さな子ども達にも、ますます散歩が楽しい季節になっていきます。そして、くじら組の子ども達は、鬼退治で自信をつけて、お別れ遠足に向けた遠くまでの散歩を、楽しみながらがんばってほしいと思います。

収穫しました 犬山さくら保育園  09/01/31(土)12:16  
くじら組の子ども達が畑に植えた二十日大根の収穫をしました。大人の指の先にのるくらいの、小さくてかわいい二十日大根です。収穫は、くじら組の子ども達がしました。
次の日の給食のツナスパゲティの上にゆでた二十日大根をのせてもらいました。ちょっとおしゃれなツナスパゲティーはとってもおいしかったです。

豆まきの練習 赤ちゃんの家さくらんぼ  09/01/27(火)16:20  
オニハ〜ソト〜!
節分が間近となり、豆まきの練習にも力が入ります。
今日は、新聞紙で作った棒と大きな豆をもって散歩に出かけたら、鬼が出てきました。

[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]